月別アーカイブ: 2014年6月

親の役目

自分が小6の頃を振り返ると、親になにか話をされたときに「大人なんだからもうちょっとしっかりしてよ」と、いつも思っていた。それなのに、いま自分は、頼りになるのでつい長男に色々な話をしてしまう。 結局自分だってこの歳になって … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「勉強をするのは、感動の幅を広めるため」

昨日の言葉で心に残ったものをメモ。 —– 新しい出会いを生むために自分がいる。 敬愛と尊敬は違う。 子どもたちには、親には敬愛を持つのは構わないが、尊敬するなと言っている。 勉強をするのはなぜか。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする

お子さんのことは何よりも優先しなくてはダメです

金曜日に次男が学校で友だちと遊んでいて目に鉛筆(芯の先ではなくお尻の方)が刺さる(というより当たる)、という事故が発生。 保健室の先生が眼科に連れて行ってくださり、土曜日も受診してくださいとの連絡。 私は出張で不在、夫に … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする