どう生きるか。決めるのは自分

John Kim キム先生の言葉に

すべては、内面の戦いであり、内面の革命である。自分の内面が変われば、それは変わったということなのだ。運命に甘んじる弱い自分を捨て、運命を超越する強い自分をつくる。運命との戦いにおいて、人は誰でも、勝者になれるのである。

私が信じている運命は、生まれて死ぬ、ということだけである。人は生まれた瞬間に死刑宣告を受けている。その死刑がいつ執行されるかわからない。それが運命である。人生において起こるその他すべてのことを、私は運命とも宿命ともとらえない。必然か偶然かも…

John Kimさんの投稿 2015年6月2日火曜日


とあって、運命を超越するということに対してはまったく先生の言うとおりだと思っているのだけれど、わたし自身はやっぱり運命は必然であって、必然の出会いや必然の事象にどう自分がそれを受け止めるか、ということなんだと理解している。

どう生きるか。決めるのは自分。

DSC_4353

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



Social Widgets powered by AB-WebLog.com.