ハーフマラソン初挑戦

2012年11月3日。
人生初のハーフマラソンに参加。京都丹波ロードレース。

スタート直後 楽しそうな自分♪

スタート直後 楽しそうな自分♪

京都に引っ越してきてからジョギングが好きになり、5km 10km 15km と距離を伸ばして20km走れるようになったので
レースに挑戦することにした。
マラソン歴のある友人には、マラソン走るなら、坂道のトレーニングをした方がいいと言われていたのだけれど
自宅の周りにはトレーニングに良さそうな坂道がなく。。

そして、レース本番ではやはり、坂道がとーってもきつかった!

高低差の画像を本サイトからお借りしてはりつける。

ゆるやかな上りは問題ないのだけれど、やはり少しでも斜度があるときつい。
9km付近からの坂道、12km付近、16km付近など、とにかく足を前に出すのがきつい。
お願い力を貸して!!!と心の叫び。。
とにかく立ち止まるのはイヤで、遅くてもいいから走り続けた。

というわけで、全体の感想からいうと、距離を走るのがつらかったというよりも、坂道がつらかった。
坂道をのぞけば、景色を見ながら丹波を存分に楽しめたと思う。
丹波の山や畑、沿道のコスモス、とっても綺麗だった。
手をふってくれてるおばちゃんたち、可愛いかった。
少年少女たちとはハイタッチした。
少し風が強かったけれど、その風をしっかり感じて走った。

初マラソンにしては、たぶん余裕があったほうだと思う。笑

さて、タイムはというと、2時間00分04秒
この4秒がめっちゃ悔しい。。。
余裕があったならこの4秒を縮めれば良かったのに、自分。。

2時間00分04秒

2時間00分04秒

今日の目標は3つあった。
1) 完走すること これはまあ大丈夫だと思っていた
2) 笑顔で楽しむこと 
3) 2時間を切ること

さすがに3)は無理だったか。。たった4秒。されど4秒。このところ仕事では「僅差」という場面が多かったので、あたかもそれを象徴しているかのようだ。
しばらく「4秒」は私の中でのキーワードになりそう。

走るときには色々なことを考える。
今日はレースだったし、周りに人がたくさんいたから、完全に一人の時間になるいつものジョギングとはちがって、
思考にはそれほど集中できなかったけれど、
よく質問されるから「なぜ挑戦するのか」について考えてみた。
走るといっても、趣味であれば、距離を伸ばしたり、タイムを縮めたりする必要はない。
でもやっぱり長く走れるようになったり、早く走れるようになったりすると、とても嬉しいし楽しい。
少しずつトレーニングを積んでいくと、できるようになる。
つまり「やればできる」を実感できる。
これがなによりも楽しい。この達成感がたまらない。
だから私は挑戦をする。

若い人たちは欲が無い人が多いという。
仮に欲はあっても「たいへんそう」「つらそう」だと止めてしまう、という。
だから自分にできる範囲ですませてしまう。自分の枠を越えていこうとしない。
でもそれってほんとにもったいない。
たいへんでもつらくても、達成できたらこんなに楽しいのに。
自分の可能性をのばすのは自分。すべて自分次第。

たぶん成功体験が少ないんだと思う。
そういう場合は、小さい成功体験を積み重ねるといい。
小さいことでも自分の夢や目標を決めて、それを達成してみる。
その積み重ねが、結果、大きな目標に近づいていくのだと思う。

大きな夢をひとつもっていた 恥ずかしいくらい馬鹿げた夢を
そしたらなぜか 小さな夢が いつのまにか叶ってた
〜生きてる生きてく by 福山雅治

こういう考え方も好き。大きな夢、小さな夢。
できないと思わずに、まずは馬鹿げた夢でも、ちっぽけな夢でも、夢を持つこと。

話が飛躍したかな?笑

ハーフマラソンを走るのは、フルマラソンを完走する、というひとつの夢の過程。
ひとまず、目標は完全には達成できなかったけれど、夢には近づいたと思う。

エントリーしている紀州口熊野フルマラソンは2月の初め。ちょうど3ヶ月後。
今日の反省を活かして、3ヶ月トレーニングして、
ぜひフルマラソンを笑顔で完走したい!

エントリー完了

渋滞していて会場に着いたのはスタート30分前だった。。

スタート直前

スタート直前

スタート直後

スタート直後、子どもたちが手をふってくれたのが嬉しかった☆

コスモス綺麗だった☆

コスモス綺麗だった☆

メダル

ママがんばったね、と下の子がメダルをつくってくれました♪

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です