なんでもない日常、そして目指すべきは「自由」


朝、すっきり目覚めて気持ちの良い風を感じながら、鴨川を走る。菜の花も、空も綺麗。
子どもたちとにぎやかな朝食。
洗濯機を3回まわす。
ランチは町家風のイタリアンにふらっと入って、パスタランチを食べる。
お気に入りの店に寄って、女子っぽくて可愛いTシャツを見つけて即買いする。
公園に行って子どもたちと本気モードの鬼ごっこをする。
夕暮れるのを窓から眺めながらシャンパンを飲む。(イマココ)

私にとってはほぼいつもと変わらない日常。

でもある友人たちとの会話のなかで、
実はこれはものすごく恵まれていることにあらためて気づかされる。

自分の思うようにいかない人だってたくさんいること。
特に心身の具合が悪いとか、家族が健康でないとか、そういう人もたくさんいること。

話は変わるけれど、先ほど読んだ友人の投稿。
勝手に引用するよ、トキオ氏ゆるせ。
https://www.facebook.com/tokio.matsunami/posts/510640655650627
「目指すべきは自由」
要するに、もっとアグレッシブに自由を獲得しろ、という彼なりのエールなんだと思う。
私も賛成。

あなたは恵まれてるから〜
と言われることも多い。
たしかにその通りです。否定しない。
でも、ベースはあったかもしれないけれど、いまのこの環境は「自分で」つくろうとして得てきたもの。
そこには自負があります。
もちろんもっと恵まれている人もいる。
健康なカラダを持って生まれたことには感謝します。
亡くなった祖母は生まれつき心臓が弱く、私の健康をとてもうらやましがって、
自分の代わりにその健康なカラダを活かして欲しいと、いつも言っていました。

話を戻して、自由について。
自由というのは、「自分で」獲得するしかない。
私だってまだまだ自分が自由だとは思っていない。

時間からの自由
お金からの自由
価値観からの自由

あらゆることに自由で柔軟でありたい。もっともっと伸びていきたい。

そういえばこのまえ17年ぶりにあった友人が言ってくれてた。
「なんか実子ってまだまだ伸びるぞーって感じで元気だよね」
うれしいねー。
わたしまだ準備体操中だと思ってるしね。笑

GWはいろいろありました。
泣いたり悔しかったり悲しかったり、思考する時間も、読書の時間も、カラダを動かす時間も、仲間達とバカ騒ぎする時間も、仕事する時間もあった。

明日から、また楽しみです、とっても。自由を目指して進んで行くことが、楽しみです。

そして心から、彼女が健康になることを祈ります。
力になれないことをとても悔しく残念に思う。
でも私は信じてるから。きっと元気になってくれることを。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です