ひとりで生きる

究極的には人間は、ひとりで生きなければならないのだと思う。

あまり多くを語れないのだけれど、私が10代のころは家がごたごたとしていたこともあって、
私は中学生になるころには、自分はひとりで生きなければならないと自覚していた。

紡木たくのホットロードに影響をうけていた頃。

このマンガは当時仲良くなった友人に教えてもらった。
彼女もちょっと反抗的なところがあって、校則を違反してパーマをかけたり、
透明のマニュキュアを塗ったりしていた。
私も大人が大嫌いな時期で、いわゆる私立の女子校だったから、そんなに荒れるとかそういったことはないけれど、
大人なんて、バッカみたいだ、と思っていた。
わたしはああいう大人にはならない。そういう反面教師ばかり見つけて、大人なんかに頼らずに早く自立したいと思っていた。

ホットロードの中で、主人公の和希に、彼氏の春山がこんなこと言う(セリフは正確じゃないけど)。
「おまえ、おれがいなくても、ひとりで生きていける女になれ」
なんか、すっごくかっこよくて、わかった、ひとりで生きていけるようになる!と自分に言われたわけじゃないのに叫んでいた。

そうやって中学生のころから、ずーっとつっぱって、強がって生きてきた。

結婚式のパーティで、スピーチしてくれた友人たちはみな、「実子はとにかく強い人です」と紹介してくれた。
それだけみんなにとっては、印象が強かったんだろうなと思う。
(パーティのあと、父だけが、こっそり私にそんなに強くないのになあ、と言ってたけれど)

だけど、人間なんてひとりでは生きられない。
自立していることは大事。だけどそれとひとりで生きるのとでは話が違う。

私の性格を見抜く人は、そんなに強がらなくていい、と言う。
ああバレてるんだな、とちょっとがっかりする。
特に年をおうごとに、そう言われることが多くなってきた。
自分でも強がっても仕方ないと思うようになってきたせいだろう。
悪い傾向ではないとは思う。だけどね、、、

今夜は久しぶりに福山さんのラジオを生放送で聴いていて、
最後の弾き語りは「ながれ星」だった。
「ながれ星」聴きながら号泣。

「ひとりで生きるつもりだから やさしい言葉をかけたりしないで」

名曲♪

本当は自分が傷つくのが怖くて強がってるだけ。自分を守っているだけ。ひとりで生きていけるわけじゃない。

今夜は少し本音を書いてしまった。こういう日があってもいいよね。(^-^)

3 Replies to “ひとりで生きる”

  1. kyouko

    わたしもそうみえてる。。しっかりものと。でもほんとは。。つよがってるだけ。。ただ甘えた自分を見せたいひとに出会ってないだけなんだよね。。
    頭をよしよしされて。。。甘えたいよね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください



Social Widgets powered by AB-WebLog.com.